2011年02月27日

本質を突き詰めるのが、マーケティングの仕事

毎週録画しているNHKのプロフェッショナル仕事の流儀で、「佐藤卓」さんの回の放送を観た。
http://www.nhk.or.jp/professional/2010/1129/index.html

デザインをするということは、デザインの『対象』の本質を突き詰めるということであると感じた。突き詰められた本質とは、常にシンプルに表現できるものであり(まだ複雑に説明が必要な場合には、おそらく突き詰められていない)、それは『対象』にしか持っていないストーリーを持っているものだ。

デザイナーは、その本質を探すために、頭の中をぐるぐる彷徨いながら考えるのである。
出来上がったデザインについては、消費者に伝わるイメージを想定して、1ミリ単位、0.1ミリ単位までこだわる。

がんばる、一生懸命は当たり前。いか下に平然と、こだわり続けることができるかが重要だそうだ。

この番組を見て、マーケティングの醍醐味を感じられた気がする。
posted by wph at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功への習慣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。