2010年01月10日

中国の携帯の変化

今年の年末は、北京に行った。

2,3年前に中国に行ったときには、
中国で携帯を皆が持つようになったばかりで、
ほとんどの携帯の画面は、白黒で、3行ほどしか表示できない画面であった

そのときに、日本の携帯を知り合いに見せて、日本の携帯はすごいな、と言われたことを覚えている。

今回の中国訪問では、状況は一変していた。Nokia、Sony Ericson、サムスンなど、多くのメーカーが、iphoneのようなタッチパネルで、広い画面の携帯を発売しており、半分ぐらいの人はそれを利用していたようだった。
(そこに日本の端末メーカーがないのが残念)

さらに、地下鉄でも、社内のディスプレイではなく、窓の外のディスプレイに広告があったりと(トンネルの壁に投影しているのだろうか?)斬新だった。もちろん、電車が進むスピードにあわせて、広告も動いている!

今までの、日本で最新機種を売り、日本で片落ちになったら中国に展開するモデルでは、もはや通用しない。
最先端のものを中国市場にぶつけないと、勝てない。
それは、一部の高級品のニッチな市場だけではなく、一般人の手が届くマスマーケットだからこそ、そうしなければならない。

この国は、あっという間に日本を超えて、先にいくのだろう、と感じた瞬間だった。

ちなみに、北京での携帯電話の普及率は100人あたり104.4台で、上海に次ぐ中国2位。
posted by wph at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。