2009年12月05日

コンサルティング

3ヶ月ぶりぐらいの更新。

ここ3ヶ月は、大阪で、朝から夜中まで、3ヶ月間ほぼ1日も休まずに働いていた。我ながら、よくがんばったと思う。

関西の自動車部品メーカーの業務構造改革プロジェクト。
こういうプロジェクトは、業務を深く見られるという点、お客様と接する機会が多い点、現場目線での問題解決という点で、仕事をしていてすごく面白い。

特に、課題解決に関して、すごく勉強になった。

よくコンサルタントの風評として「コンサルタントは、それらしいことは言うけど、彼らのアウトプットは結局使えないんだよね」、と聞く。

その理由で一番大きいのは、自分たちの持つソリューションやフレームワークを当てはめようと意識するあまり、お客様の現状業務の調査をないがしろにしているからではないかと思う。

本当にお客様の役に立っているのか。
現場を深く深く自分の目でみて、きちんと検証をしないと、いけない。

そのためには、
・何が問題なのか?
・本当に問題なのか?どれくらいのインパクトがあるのか?
・なぜ今できていないのか?
・解決策は、本当に効果があるのか?
・そもそもの目的に合っているかどうか?
を何度も何度も自問自答し、
問題をより具体的、詳細なレベルにブラ主アップしていくことが求められる。

そうでなければ、教科書的なコンサルティングしかできない。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。