2009年07月13日

学生の経営戦略立案のプレゼンを聞いて

先週の週末に学生が経営戦略立案のケーススタディを行う勉強会に、
審査員として参加してきた。実際に企業の経営者も呼んで、インタビューを実施するなど、本番さながらのスタイルだった。

朝から夜までの丸一日。
休日なのに丸々頭を使って疲れたが、本当に参加してよかった。

学生達は、やる気にあふれており、若い。
でも、まだ青い、と感じた。

数年前まで自分もあちら側に座って、まったく同じようなプレゼンをしていたことを思うと、1年半での自分の変化を感じた。

さて、そこで感じた学生たちのプレゼンには、共通した問題があった。それは、クライアントをしっかり見られていないこと。

その原因は、
1.クライアントが持っている課題をヒアリングできていない
2.ファクトデータ(財務諸表や来店人数データなど)を利用していない
ことによる。

そのため、会社のイメージから想起される、「なんとなくやったほうが良いと感じる施策」の提案になり、何に効果があるのかわからないし、施策の説得力がなかった。

多くのチームの結果は、お客様とのコミュニケーションを改善して、リピートを増やしましょう、というもの。

そういえば、自分のも今の会社に入社して最初のケース研修で「コミュニケーション改善」なんて言ってたな。。。


そこで、学生達へ以下のアドバイスをした。
1.課題を定義しましょう
お客様が現在抱えている課題をきちんと文章で定義する。
課題とは、「コンサルタントがお客様に答えるべき問い」のことである。
そのためには、お客様へのインタビューで「なぜ」を繰り返して聞き、同時に、自分達でも外部・内部環境調査を実施して、課題の妥当性を検証する。
課題がしっかり定義できれば、その後は課題に答える、実現可能性を考えた解決策を立案する。

2.効果予測をしましょう
お客様が一番知りたいのは、それによって「いくら儲かるのか?」である。解決策だけ発表して、その効果を何も言わないのは、責任放棄である。
なので、売上と費用を時系列で含めた財務予測をしましょう、と。


かっこよく言ったからには、自分も仕事でがんばらなきゃ。
posted by wph at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月02日

新聞の読み方

新聞の読み方

ビジネスマンになると、様々な情報源を利用するようになるが、
もっとも一般的なのが新聞だろう。

私は、新聞を以下の目的を持って読むようにしている。
・将来のことを予測するためのインプットとするため
・具体的な数値データを得るため
・新たな考え方を得るため

ちなみに、今はプロジェクトサイトが東京なので、クライアント先への行きの電車の中で必ず目を通す。
新聞の読み方に関して、実践していることをまとめてみた。

■新聞全体の読み方
・ヘッドラインは全て目を通す
・興味があるヘッドラインの場合のみ、中身を読む

■記事の読み方
新聞の中身は、ただ読んでいても、きっと数時間で忘れる。
最新情報を得るための読み方は、あまり意味がない。

そのため、前述した目的を達成するためには、
以下のように考えながら読む必要がある

◇記事に対して、「Why So?」「So What?」を考えて読む
例えば、企業のM&Aの記事であれば、
Why so?・・・「それぞれの企業の合併の目的は何か?」「なぜ今で、何がきっかけで合併することになったのか?」
So what?・・・「合併によって、その企業・業界で何が変わるのか?」「他の業界でも同じようなことが起こるのか?」

◇図にしてまとめる

新聞は基本的に文字なので、構造やビジネスモデルをビジュアルに落とし込む
誰が、何に、何を、いくらで、を意識する


■読後
・その記事に書かれていたこと、自分で考えたことを、
声に出して話をする


以上を、電車の中と歩きながらの時間をうまく活用し、それ以外で新聞にかける時間を一日20分以内にする。
posted by wph at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。